BonNo

石川・富山・福井の地域情報が満載!もっと愉しく生きるための地域情報誌 BonNo ボンノ

今月は「いいもの」特集! あなたにとって「いいもの」ってなんですか? 気がついたらもうすぐ冬 手がヌルヌルにならないハンドクリームが好き 家ごもりの準備はしてますか? 好きな雑貨はタオルと手ぬぐい

PEOPLE

#73 内田奈緒美さん

カフェを通じて、この町の素晴らしさを伝えたい。


内田奈緒美

透明感あふれるブルーの海が美しく、北陸屈指のダイビングスポットとしても知られる、福井県の越前海岸。福井市中心部から車で一時間弱。そんな場所にありながら、多いときで一日に500~600人。年間で6万人ものお客さんを集める『CafeMARE』。オーナーは内田奈緒美さん。22年前、なにもなかった海岸線にカフェをオープンした、その理由とは。「22歳の時に福井の里山から嫁いできた私を支えてくれたのが、この町の人と風景。漁師町ならではのパワフルなお母さんたちは頼もしく、海に沈んでいく夕日を見ることで、心がリセットされた気持ちになり、それが明日への活力にもなる。そうした生活を送っているうちに、この土地に住む人の温かさとロケーションの素晴らしさ、そして食材の魅力をひとりでも多くの人たちに知って欲しいと思うようになったんです」と内田さん。それから一念発起し、14席ほどの小さなカフェを開業。ちょうど30歳になる年だった。
「それまでずっと専業主婦で、アルバイトも未経験。なにをするにも初めてで、仕事することを楽しめていませんでした。それでも周囲の励ましによって少しずつ自信が芽生えていき、それが新しいことにチャレンジする糧となりました。大切なのは、今ある環境を喜んで、それを味方にすること。私自身もこの土地に嫁いでカフェを経営しなければ、チャンスを掴むことはなかったと思います。そして、人生において目的を持ち、それに向かって目標をひとつずつクリアしていき、自分の価値を知る。そのプロセスを自分自身で理解することが、成功の近道だと思っています」。そうした思いはスタッフにも受け継がれているようで、お店で働く女性たちはキラキラとじつに美しい。人に認められることで生まれる自信、それによって広がる新しい可能性。そうした前向きな考えを持つことの大切さを、改めて感じることができたのだ。
最近では、周りにカフェやレストランの数も増え、地域活性の架け橋となった印象もある『Cafe MARE』。絶好のロケーションを眺めながら、大切な人と特別な時間をすごせる「愛の聖地」として、これからもきっと多くの人たちに愛されていくに違いない。


内田奈緒美さん
福井県越前町出身。海沿いの町、国見で『CafeMARE』を経営。「せっかく遠いところから来たのに、閉まっていたらガッカリするから」という理由で、お店は年中無休。コーヒーや特製のカレーなどを提供する。
Cafe MARE/カフェ マーレ 福井県福井市
大丹生町70-3 TEL.0776-88-2323

pagetop