BonNo

石川・富山・福井の地域情報が満載!もっと愉しく生きるための地域情報誌 BonNo ボンノ

你好!今月は中華特集 一曲歌いたくなってきたよ 傘が風に飛ばされました バラは恋の花です 今日の天気は雨ときどき砂嵐です 夏はハワイですごしたい

PEOPLE

#83 丸山順子

金沢の山奥で畑の中に学校を作りました。


丸山順子

金沢市街から車で20分ほどの自然あふれる山間で、古民家の土間を改装した料理教室と週末限定のカフェ『金沢キッチン』を経営する丸山順子さん。野菜ソムリエならではの素材を活かした料理は評判で、体験型の料理教室では毎回趣向を凝らしたテーマで参加者を楽しませている。そんな彼女が昨年から取り組んでいるのが、野菜との関わりによって子供たちに食の大切さを学ばせる里山学校『はぐくみスクール』だ。
「この学校は、土の上に立って畑を耕すことから始まります。どのように野菜が育ち、収穫され、出荷や販売、調理を通して、自分たちの口の中に入るのか。そうした流れを子供のうちに体験することは、将来的に食の選択がしっかりとできる大人になるために必要だと思います。食べることは私たちの最も身近な活動であり、そこには決して疎かにしてはいけない大切なことがあふれています」。
7ヶ月に渡って実施されるこの体験プログラムに参加できるのは子供のみ。ここでは相手を尊重する心や話を聞く力、自分の意見をしっかりと伝える発言力、さらにはものづくりをすることで創造力が養われる。
「一日の授業が終わるとその日の出来事を報告する発表会を行います。最初はモジモジして何も話せなかった子が、回を追うごとにイキイキと発表するようになったりと子供の成長は本当に早い。もちろん親御さんが、帰りの車の中や夕食時にその日の出来事を聞いてあげるのも大切。そうしたやりとりによって、親子で食への関心を深めてもらえると嬉しいです」。
また、季節を通して野菜を育てるというカリキュラム自体が、子供たちの持続力を向上させるとも。そんな『はぐくみスクール』の講師はというと、丸山さんを筆頭に、自然栽培の米農家、食の安全を追求する味覚のプロ、木で家を作る工務店、英会話講師など多彩な顔ぶれ。聞くところによると、ほとんどが丸山さんのお知り合いだそう。
「金沢キッチンには、農家や大工の方など各分野のスペシャリストの皆さんが多く遊びに来てくれました。そうしたつながりを何かしらの形にしたかったんです」と丸山さん。2018年度のスクール開校は5月20日(11月までの全12回)。単発参加も可能とのことだ。
参加の問い合わせはこちらまで(076- 205- 0482・丸山)


丸山順子
大阪府出身。野菜ソムリエ。愛知県で料理教室を主宰後、夫の転勤に伴い金沢に移住。
まもなく開業した里山料理教室&週末カフェ〈金沢キッチン〉では、生産者と消費者を繋げる場作りにも一役買っている。
http://www.kanazawa-k.net

pagetop