BonNo

石川・富山・福井の地域情報が満載!もっと愉しく生きるための地域情報誌 BonNo ボンノ

今月は「いいもの」特集! あなたにとって「いいもの」ってなんですか? 気がついたらもうすぐ冬 手がヌルヌルにならないハンドクリームが好き 家ごもりの準備はしてますか? 好きな雑貨はタオルと手ぬぐい

PEOPLE

#76 NATURAL SMILE FAMILY

人と自然がつながる世界で一番ハッピーな幼稚園を作りたい。


NATURAL SMILE FAMILY

テーマは「人と自然がつながり笑顔が広がる場所づくり」。親子でフェイスペイントをして森の部族になりきったり、秘密基地を作って自然の中を探検したり、福井県を中心に日本全国で自然体験とアートを通じた「遊び」のイベントを開催する柴田 計さん。保育士はもちろん写真家やデザイナーなどさまざまな人たちがこの活動に携わり、世界で一番ハッピーな幼稚園づくりを目指している。そんな柴田さんが保育士を目指したのは中学生の頃。授業で幼稚園を訪れたときに、子供の感性に心を動かされたのがきっかけだそう。「越前市という自然に囲まれた場所で生まれ育ち、小さい頃からよく弟を連れて川遊びに出かけていました。高校を卒業して、長野県の大学(教育学部)に進学。そこで森や海など自然の中で幼児教育を行う『森のようちえん』の存在を知りました。森林の中で子供たちが感性を研ぎ澄まし、自然との関わりを学んでいく。そんな素晴らしい環境で自分も仕事がしたいと思ったんです」。大学卒業後、沖縄に移住。その後も全国を旅しながら保育の現場を見て回り、どんな教育が行なわれているかを実際に肌で感じてきたそう。「そのなかで一番気になったのが、子と親の関係性。幼稚園や保育園は子供を預ける場所というのが一般的な考え方ですが、その間は保護者である親は子供がどのように育っているかを見届けることができません。それってどうなのかなと。だったら仕事と子育てが一緒にできる場所を作ってしまおうというのが僕たちの考え方。たとえばフリーランスで仕事をしている人たちに向けて、保育所とシェアオフィスが同居した施設を作ったり。親が子供の目の届く場所で仕事ができる環境を少しずつ整えていきたいと思っています。もちろん仕事に限らず、親と子が少しでも長く一緒にいられる空間であれば、何でも構いません」。また、子供たちの柔軟性や発想力、枠にとらわれずに物事を見る力を「子供力」と呼び、それらを活かしたデザインや企画を現代社会に落とし込んでいきたいとも。「こうした活動をエンターテインメントとして世の中に発信していくのもひとつの目標。今後は動画配信などもしながら、子供たちの笑顔を届けていきたいですね」と柴田さん。世界で一番ハッピーな幼稚園の挑戦は、まだまだ始まったばかりだ。


NATURAL SMILE FAMILY
柴田 計さん(写真左)福井県越前市出身。1987年生まれ。フリーランスの保育士として、自然体験やアートを通じたイベントを企画。てるてるさん(写真右)ボランティアで写真撮影などの手伝いをする。
http://www.natural-smile-family.com

pagetop