煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

品数ランチ③|金沢市堅田町「五箇山農園食堂」のおまかせランチ

品数8品以上を縛りにした石川県の〈品数ランチ〉を紹介するシリーズ〈石川品数ランチ〉

 

今回は、野菜中心のヘルシーな惣菜が美味しい『五箇山農園食堂』のおまかせランチをご紹介します。

 

五箇山農園食堂

五箇山の食の魅力が満載!

やってきたのは、金沢森本ICを降りてすぐの場所にある堅田町。金沢のちょっと外れということで、のどかな雰囲気が漂っています。

 

そして、この界隈でもひときわ存在感をしめす古民家風の建物が、お目当てとなる『五箇山農園食堂』。

 

ふるさとを訪れたような懐かしい気持ちにさせてくれる。

 

さっそく中に入ってみると…。

 

「おばあちゃん、ただいま〜」と叫びたくなる、どこか懐かしい佇まいが目の前に広がります。

 

モチーフになっているのは、世界遺産にも登録される五箇山の合掌造り。なんとこちらの建物は、店主とそのご家族が何年もかけてセルフビルドしたものだそうです。

 

おもに五箇山の間伐材を使用。奥に見える薪ストーブも自作だそう。

 

天井ランプなどに農具を配すなど、昔ながらの佇まいが印象的。

 

そんな『五箇山農園食堂』は、富山県の五箇山地方に伝わる越冬食を使った創作料理が楽しめる自然派食堂。農薬不使用で栽培された採れたての野菜や、地域の水の美しさを生かした手作り豆腐など、手間ひまかけて作られた素材を生かした料理は、家庭的で優しい味わいと評判です。

 

店内の一角では、ゆで干し大根やえごま油などの特産品も販売。

 

品数豊富なお弁当も大人気!

 

豆乳みそらーめんが美味しい人気No.1の「農園食堂」や、エビフライやオムライスがワンプレートになった「大人様ランチ」など、メニューの種類が豊富なのも自慢のひとつ。その中でもBONNO編集部が注目するのは、圧倒的な品数で見た目も美しい「おまかせランチ」です。

 

それでは、さっそく注文してみましょう!

 

おまかせランチ

おまかせランチ 1,430円

 

大豆の旨味がぎゅっと凝縮した「堅豆腐」や、ほどよい甘酸っぱさが食欲をそそる「赤かぶ漬け」など、五箇山ならではの惣菜が盛りだくさん!

 

美味しいものをちょっとずつ食べられるのは、やっぱりうれしいですよね〜。田舎料理というと地味なイメージがありますが、こうやってみるとじつに色鮮やかです。

 

 

 

品数はなんと11品!

 

取材当日のメニューを詳しくご説明すると…。

 

1.季節の煮もの(かぼちゃ、紫いも、まいたけ)
2.えびす、ひじき
3.金時草の和えもの
4.切り干し大根、信田巻き
5.豆腐のメンチカツ
6.うどの胡麻和え、だし巻き玉子
7.大根のラペと紫キャベツのりんご酢漬け
8.五箇山豆腐の刺身、ピーマンときくらげの炒め物
9.赤かぶの甘酢漬け、黒豆、たくあんの田舎煮
10.みそ汁
11.玄米ごはん

 

といった内容でした。

 

ちなみにごはんは白米と玄米、サイズも大・中・小から選べるそうです。

 

こちらは豆腐のメンチカツ。野菜と豆腐がメインのあっさりとした味わい。

 

筆者のお気に入りは切り干し大根。「五箇山太助農園」で栽培された農薬不使用の大根に、太陽の光をたっぷり浴びせた伝統的な保存食。「噛み締めるほどにお日様の味がする」といっても大げさではありません!

 

五箇山豆腐の揚げを使った信田巻き。下に敷かれているのが切り干し大根。

 

五箇山豆腐の刺身は、お好みでワサビ醤油をつけて。通常の豆腐の約6倍の大豆が使われる堅豆腐は栄養も満点!

 

旬の食材を生かした、色とりどりの惣菜が楽しめる『五箇山農園食堂』のおまかせランチ。おばんざいのようなほっこりとした味わいで、リピーターが多いのも納得です!

 

品数ランチの記事をもっと読む

 

五箇山農園食堂
ゴカヤマノウエンショクドウ
石川県堅田町甲74-1
TEL.076-258-9004
営業時間/11:30~15:00(L.O.14:00)※物販・テイクアウトは11:00〜17:00
定休日/水曜日
席数/77席
駐車場/25台
※こちらの情報は取材時点のものです。

 

 

(取材・文/ヨシヲカダイスケ、撮影/林 賢一郎)

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事