煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

1,000種類のボードゲームが遊べる秘密基地に潜入!

年末年始は家族や親戚とボードゲームに明け暮れたなんて人も多いはず。かくいう筆者も大晦日の夜に甥っ子たちとドンジャラ大会。ボコボコにされた悔しさを酒で紛らわし、年を越した。

 

じつはここ数年、ボードゲームが空前のブームを迎えているらしい。たしかに家電量販店でもよく売られているし、都会ではボードゲームカフェが人気という話も聞く。なぜ、今ボードゲームなのか。金沢市松村にある『ゲームスペース金沢』で話を聞いてみた。

 

ボードゲームがプレイできる『ゲームスペース金沢』

 

ボードゲームはドイツ発祥の頭脳ゲーム

「ひと昔前まではボードゲームといえば海外製が主流でしたが、最近は日本人がデザインしたゲームも次々と開発されていて、ボードゲームの輪が広がっているのを感じます」。そう話すのは店主の吉田さん。

 

地域のイベントで地道に布教活動を続けてきた愛好者をはじめ、著名人らの拡散もあって、じわじわと人気を高めていったようだ。

 

1,000種類以上のボードゲームを用意。

 

3匹の猫がお留守番。

 

25年前に「カタンの開拓者たち」というゲームと出会い、それをきっかけにどっぷりハマったという吉田さん。「時間はあるけど、遊ぶ相手と場所がない。そんなボードゲーム好きが集まる、秘密基地的な場所を作りたかった」と、5年前に立ち上げたのが『ゲームスペース金沢』だ。

 

「家賃さえペイできれば」と、平日は300円、土日は800円という良心的なプレイ料金でスペースを終日開放。仲間同士で集まってゲームをする人もいれば、お一人様の初対面同士でゲームをすることもよくあるんだとか。

 

初対面同士でも遊べるのがボードゲームの魅力。

 

店内の一角ではゲームも販売している。

 

「コンピューター相手ではなく、人間相手に考えたり、笑ったり、声をあげたり、コミュニケーションできるのがボードゲームの魅力。人と関わりながら、論理的に物事を考える訓練にもなります」と吉田さん。

 

ボードゲームといえば人生ゲームやモノポリーくらいは知ってるけど、じつはよく分かっていない。そんな人のために、初心者でも楽しめるゲームを聞いてみた。

 

初心者でも楽しめるボードゲーム5選

ito(イト)

 

『ito (イト)』は会話が楽しい協力パーティゲームです。1〜100のカードが1人1枚ずつ配られ、「数字を口にしたらアウト!」という制限の中、みんなでテーマに沿って自分のカードの数字を表現し合います。 協力してカードを小さい順に出して全員のカードを出し切る完全協力の「クモノイト」、 会話の中で足して100になりそうなペアを見つける協力と裏切りの「アカイイト」、 異なる2つの遊び方で楽しむことが可能。伝わりそうで伝わらないのがもどかしくも楽しい、価値観のズレに大笑いするパーティゲームです。テーマについて会話をするだけのゲームなので、ボードゲームに馴染みのない人でもプレイ可能です。

Amazon.co.jpより

 

たとえば「クモノイト」で、テーマが「人気のおにぎりの具」、プレイヤーがそれぞれ10、50、80のカードを持っていたとします。10の人は「しぐれ煮かな」、50の人は「梅干しかも」、80の人は「ツナマヨでしょ」などと、自分の価値観で指数を定義して、全員で協力しながら少ないと思った順にカードを出していくのですが、あくまで主観なので「ツナマヨは梅干しより下でしょ!」とか言い出す人もいて。そこら辺の価値観のズレが面白いんです。テーマについて会話をするだけのゲームなので、初心者でも簡単に始められます。

 

ごいた

 

石川県の奥能登に伝わる伝統ゲーム「ごいた」がカードになって登場!将棋の駒を模したカードを32枚使用して4人がペア戦で遊ぶゲーム。前のプレイヤーが出したカードと同じ種類のカードが手札から出せれば、更にもう一枚カードを出すことができる。そうやってすべてのカードを出し切れば得点が獲得できる。

Amazon.co.jpより

 

シケで漁に出れない宇出津の漁師さんが、焼酎代を稼ぐためにやっていたといわれる日本古来のボードゲームです。本来は将棋の駒に似たコマでやりますが、カード化されてより親しみやすくなりました。じつは毎月地元の宇出津で全国の愛好家が参加する定例大会が行われていて、番付表も付けられているほど人気があるんです。12月に行われた全国大会では、金沢支部から優勝者が生まれました!

 

TIME Bomb(タイムボム)

 

世界中で高い評価を得たカードゲームが装いも新たに登場!
時間を巻き戻してしまうタイムボムの爆発を阻止せよ。

◎簡単なルールで気軽に心理戦が楽しめる!
◎最後まで脱落者が出ない!
◎追加選択ルール(第三陣営の登場)あり!!
◎イラストレーター326による楽しいイラストが雰囲気を盛り上げる!

Amazon.co.jpより

 

時空警察とボマー団の2陣営で争う正体隠匿系ゲームです。時空警察は爆弾の解除、ボマー団は爆弾を爆発させることがゲームの勝利条件となります。全員が時空警察である前提の中、疑心暗鬼の雰囲気のまま進んでいく緊張感がこのゲームの醍醐味。爆発を解除したり爆発させるときも、他プレイヤーの前に伏せられたカードから1枚を選ぶだけ。シンプルなので気軽に遊べます。

 

LAMA(ラマ)

 

カードは1~6の数字カードとラマカードの7種類です。自分の番になったら、できることは3種類です。

1.手札から1枚出す。

2.山札を1枚とって手札に加える。

3.そのラウンドから抜ける。

出せるカードは、場に最後に出されたカードと同じカードか、数字がひとつ上のカードです。ただし、6の次には6またはラマカードが出せます。ラマカードの次にはラマカードまたは1のカードが出せます。誰かの手札がなくなるか、全員がラウンドから抜けたら、失点計算です。残っている手札が失点となります。途中でラウンドから抜けるのは、手札が増えすぎて大きな失点になることを避けるためです。みんながよく知るUNOに似た部分もあり分かりやすいのですが、ラウンドから抜けることができるため、戦略性が高まったゲームになっています。

Amazon.co.jpより

 

ボードゲーム大国ドイツの年間ゲーム大賞にもノミネートされた名作です。年間に200のゲームを作るといわれる数学博士がデザインしています。手番がくるたびに、ゲームから降りるか降りないかのというジレンマに悩まされるのが醍醐味。決して新しさのあるゲームではありませんが、昔ながらの王道ボードゲームの雰囲気が楽しめます。

 

Can’t Stop(キャントストップ)

 

11種類あるコースのうち3つのコースのゴールにたどり着くことを目指します!ダイスを振って自分の駒を進めます。しかし、手番で進むことのできるコースは3つまで。ダイスの出目をうまく組み合わせてコースを選びます。欲張ってダイスを振りすぎてしまうと、進むことができなくなってしまいます。そのため、いつダイスを振るのをやめるかの判断力が求められます!一番最初に駒を3つゴールさせたプレイヤーが、ゲームに勝利します。

ニコボドより

 

どこまで我慢できるかハラハラドキドキ。ダイスの出目に翻弄されながら、ときには手堅く、ときには大胆に遊んでみてください。

 

以上、吉田さんおすすめの初心者でも楽しめるボードゲームでした!

 

 

ゲームスペース金沢
石川県金沢市松村2-80
営業時間/19:00~24:00(土日は10:00〜24:00)
定休日/火曜日
駐車場/20台
※こちらの情報は取材時点のものです。

 

(取材・文/吉岡大輔、撮影/林 賢一郎)

 

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事