煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

Kan Sanoの音楽的ライフ【観ずる日々】第34回:赤ブーム

Kan Sanoの音楽的ライフ【観ずる日々】
新世代のトラックメーカーとして注目を集める金沢市出身アーティストKan Sanoの音楽的ライフをちょっと覗き見。

 

メルカリにハマりすぎている。

 

以前からリサイクルショップ巡りが趣味だったが、2年前の緊急事態事態宣言で外出できなくなったのをきっかけにメルカリを始めて以来、毎日の検索が止まらなくなってしまった。レコードや服はもちろん、ちょっとした雑貨まで、探し出すと次々に出てくるから楽しい。

 

最近は以前にも増して赤色のものに目がなく、自分でも信じられないくらい空前の赤ブームが到来している。今年から自宅スタジオの機材や家具をほぼすべて赤に統一したし、ライブの衣装にも赤色を入れたくなっている。オンラインで買い物する時も、絞り込み検索で色を指定できるから、「レッド系」にチェックを入れて検索すると赤いものが無限に出てくる。

 

でも、普段着る服は黒や白のモノトーンが増えてきている。数年単位で変わっていくこのマイブームの周期はいったい何なんだろう。こうやってこの先もずっと物欲と買い物は続いていくのだろうか。

 

普段愛用してるものをキュレーションストア「HATCH」で紹介させて頂きました。

 

Kan Sanoのキュレーションアイテム|HATCH(ハッチ)

 

ここで紹介している物の中には、ツアーの差し入れで頂いたものもあります。みなさんのお気に入りやおすすめのアイテム、ぜひ教えてください!

 

 

 

◯Kan Sanoの音楽的ライフコラム【観ずる日々】
→バックナンバーが読める記事一覧はこちら

 

 

 

執筆者プロフィール

Kan Sano
石川県金沢市生まれ。キーボーディスト/トラックメイカー/プロデューサー 。バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL、ジャイルス・ピーターソン主催 World Wide Festival(フランス)など世界中の大型フェスに出演。 2019年アルバム『Ghost Notes』をリリース。テレビ朝日「関ジャム 完全燃SHOW」への出演でも注目を集めている。

HP:Kan Sano公式
インスタグラム:@k.an.s.an.o
ツイッター:@kansano
フェイスブック:@kansanomusic

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事