煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

Kan Sanoの音楽的ライフ【観ずる日々】第38回:クラウスターラーと新政

Kan Sanoの音楽的ライフ【観ずる日々】
新世代のトラックメーカーとして注目を集める金沢市出身アーティストKan Sanoの音楽的ライフをちょっと覗き見。

 

ドイツのノンアルビールにハマって数ヶ月が経つ。いまだに商品名が覚えられないがクラウスターラーと読む。

 

 

最近は人に会ってお酒の話になったら必ずこれを薦めているが、僕のようにハマっている人は1人もいない。

食べ物、飲み物は結局好みなんだなーと思う。食べログ的なものはあまり信用しすぎない方がいい。

 

僕は一度ひとつのものにハマると、飽きるまでひたすらリピートし続ける。食べ物、服、靴、メガネ、なんでもそうだ。ノンアルだと時間帯や仕事のスケジュールを一切気にせず飲めるので、気がついたら昼も夕方も夜もクラウスターラー、なんて日もある。

 

普段ノンアルばかり飲んでいると、たまにビールや日本酒を飲んだときアルコールに敏感になる。アルコールの味がよく分かるし、酔いやすくなる。身体の慣れって面白い。

家でビールを飲むときは氷を入れるのが習慣になっている。とにかくキンキンに冷えた状態で飲みたい。氷が溶けて味が薄まるのは嫌だから、大きめの氷を使っている。

 

好きな日本酒は?と聞かれたら必ず「新政」と答えている。他のお酒もいろいろ試したが新政に勝る日本酒はひとつもない。もう5年以上そんな感じだから、僕には本当に新政が合っているんだと思う。

最近はもう他の日本酒を飲みたいとまったく思わない。興味がない。日本酒に関してはもう生涯新政だけにしようという結論に至った。

新政にはいろんな種類があるが、すべて美味しい。

新政のように、クラウスターラーも今後5年以上僕にとって無敵のノンアルになるのだろうか。なるのかもしれない。

 

◯Kan Sanoの音楽的ライフコラム【観ずる日々】
→バックナンバーが読める記事一覧はこちら

 

 

執筆者プロフィール

Kan Sano
石川県金沢市生まれ。キーボーディスト/トラックメイカー/プロデューサー 。バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL、ジャイルス・ピーターソン主催 World Wide Festival(フランス)など世界中の大型フェスに出演。 2019年アルバム『Ghost Notes』をリリース。テレビ朝日「関ジャム 完全燃SHOW」への出演でも注目を集めている。

HP:Kan Sano公式
インスタグラム:@k.an.s.an.o
ツイッター:@kansano
フェイスブック:@kansanomusic

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事