煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

【観ずる日々】第5回:Last Electroについて

Kan Sanoの音楽的ライフ【観ずる日々】
新世代のトラックメーカーとして注目を集める金沢市出身アーティストKan Sanoの音楽的ライフをちょっと覗き見。

 

あっという間に2月だ。30歳を過ぎてから月日の経過がどんどん早くなってる気がする。それにしてもこのスピード感は異常だ。それだけ仕事が充実しているということか。仕事がなかった頃の悔しさや焦りが忘れられないので「忙しいのは有難いこと」という気持ちが常にある。忙しくなればなるほどいかに効率的に時間を使うかが重要になるが、着想や閃きはそう簡単に都合良くはやって来ない。創作行為を仕事にするのは本当に難しいなあと思う。たくさんの仕事をシステマティックにこなす中でクリエイティビティをどう保っていくか。はっきりした答えはまだ見つからないが、僕の場合作曲期間中はずっと思考が止まらないので、テレビを観たりコーヒーを飲んだり、部屋でダラダラ過ごす時間の確保が結構大事だったりする。何かを生み出すことは常に緊張を伴う。「緊張」に向かっていくための「緩和」の時間が必要なのかもしれない。
そんな日々の成果。去年の仕事のまとめです。

 

View this post on Instagram

【my works in 2019】 プロデュース関連含め 2019年のリリースまとめました↓  * Release Sit At The Piano Stars In Your Eyes House Of Mine (Miller Blue) Ghost Notes  pf_soul_01-08  Nao Kodama × Kan Sano –  瀬戸際のマーマレード/ SUIMENKA Destiny  Last Electro - No More Sunshine/ I’m Yours Tonight Night Symphony/ When You Kill Me Highlight AKIRA SENTIMENTAL   * Produce / Arrange  iri – 飛行、mirror (Shade)  持田香織 – (君と僕の消失点)*作詞作曲 (てんとてん)  Dream Ami – POSITIVE (Dream Ami version) (Good Goodbye)  JUJU – エイリアンズ (STAYIN' ALIVE)  東京都町田市PRアニメーション・エンディングテーマ Start – KEN THE 390 & 福山潤   おかもとえみ – 僕らtruth (gappy)  DedachiKenta –  Fly Away feat. Kan Sano I can’t seem to let you go Step by Step (Rocket Science)  長谷川健一 – Gauguin Town (作詞作曲) (太陽の汗)(2020.1.8 release)  * Remix 児玉奈央 – きみだけのマジックアワー(Kan Sano Remix) Miller Blue – Rhythm in the Dance (Kan Sano Remix) 平井堅 – トドカナイカラ (Kan Sano Remix) Ovall – Transcend (Kan Sano Remix) Sing Like Talking – Spiral (Kan Sano Remix) DedachiKenta – Step by Step (Kan Sano Remix) (2020.1.22 release)  * CM カネボウメディア ブライトアップルージュ TVCM  ヤマザキダブルソフト TVCM スズキアルト TVCM . #児玉奈央 #dedachikenta #iri #長谷川健一 #dreamami #福山潤 #kenthe390 #juju #millerblue #ovall #おかもとえみ #lastelectro #持田香織

A post shared by Kan Sano (@k.an.s.an.o) on

 

一昨年からLast Electroというバンドを始めた。

 

 

日々LINEのやり取りを繰り返し、少しずつ作り溜めた楽曲たちをようやくミニアルバムにという形でリリースした。今月はいよいよ初のワンマンライブ。ここまでの道のりは長かった。バンドを継続する難しさを改めて感じている。同じ目標を持ちながら絶えずお互い成長し続け、音楽をアップデートし続けなければならない。小さなズレも積もれば山となりバランスはすぐに崩れてしまう。これを書いてる間にもKIRINJIのニュースが飛び込んできた。

 

僕は通常アレンジ、演奏、ミックスまですべて自分で行う。元々コントロールフリークな性分なのだと思う。せっかくバンドを始めるなら普段とは違うやり方にしたいと思い、Last Electroではアレンジ、ミックスの大半をメンバーのYusuke Nakamuraに任せている。人に任せるのは勇気がいるが、上手くいった時の喜びは大きい。ひとりでは生み出せないものに到達できるから。

 

 

昨年リリースした「Stars In Your Eyes」は昔のバンドメンバーとの再会をテーマに書いた曲。

 

 

当たり前だけど、バンドって永遠じゃないんだよなと。このメンバーで音を鳴らせる奇跡。その瞬間に立ち会うオーディエンスとの出会いも奇跡。
2月15日、代官山UNITで待ってます。

 

 

 

◯Kan Sanoの音楽的ライフコラム【観ずる日々】

→バックナンバーが読める記事一覧はこちら

 

 

 

執筆者プロフィール

Kan Sano

石川県金沢市生まれ。キーボーテディスト/トラックメーカー/プロデューサー。バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。国内外のアーティストのライブやレコーディング、コンピレーションに多数参加するほか、自身名義の最新アルバム「Ghost Notes」が好評発売中。

HP:Kan Sano公式
インスタグラム:@k.an.s.an.o
ツイッター:@kansano
フェイスブック:@kansanomusic

 

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事