煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

Kan Sanoの音楽的ライフ【観ずる日々】第40回: 2023年

Kan Sanoの音楽的ライフ【観ずる日々】
新世代のトラックメーカーとして注目を集める金沢市出身アーティストKan Sanoの音楽的ライフをちょっと覗き見。

 

年末年始は例年通り、地元金沢の実家で過ごした。金沢は12月上旬から結構雪が降っていたので、年末も実家周辺はまだしっかりと雪が積もっていた。

 

7時間のドライブを終え実家に到着すると、駐車場が雪で完全にふさがっていたので、駐車スペースを確保するため雪かきをすることになった。久々に地元が北陸であることを実感した。

 

学生の頃、冬の金沢の朝はまず校舎の雪かきから始まった。実家から学校までは結構遠くて徒歩40分ほどかかるし、更に僕は朝が大の苦手だったので、ギリギリの登校になることが多かった。雪の日の朝は学校に到着するとすでに他の生徒たちが雪かきを終えていることが多く、その度にちょっと後ろめたい気持ちになった。

 

大晦日は地元のレコードショップをいくつかまわり、2022年最後のレコード探しを楽しんだ。

エスタシオレコードでは、店長に薦めてもらったブラジルのレコードを一枚購入した。たまにはこういう買い方もいい。最近ブラジリアンに少し興味が湧いている。

 

 

2023年もよろしくお願いします。

 

◯Kan Sanoの音楽的ライフコラム【観ずる日々】
→バックナンバーが読める記事一覧はこちら

 

 

執筆者プロフィール

Kan Sano
石川県金沢市生まれ。キーボーディスト/トラックメイカー/プロデューサー 。バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL、ジャイルス・ピーターソン主催 World Wide Festival(フランス)など世界中の大型フェスに出演。 2019年アルバム『Ghost Notes』をリリース。テレビ朝日「関ジャム 完全燃SHOW」への出演でも注目を集めている。

HP:Kan Sano公式
インスタグラム:@k.an.s.an.o
ツイッター:@kansano
フェイスブック:@kansanomusic

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事