煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

散らかった部屋でよむコラム⑥|空箱をためる男 vs 紙袋をためる女

片付けながら家族のケンカの仲裁もする整理収納アドバイザーのカネノミホです。

 

ご夫婦のお宅におじゃまして一緒に片付けていると、お互い「◯◯(相手)が何でもとっておくんです」と愚痴大会になることがあります。

そう、人のモノは気になりやすい(笑)

 

例えば!

家電や電子機器の空箱をとっておく男性

vs

紙袋やかわいい柄の箱や缶を捨てられない女性

 

両者の言い分はこうです。

男性「何でも取っておくから、家がモノでいっぱい」

女性「そんなあなただって、何かいろいろ持ってるじゃない」

男性「何を?」

女性「スマホの箱とか…」

男性「あ、それは使う。」(←何に?(笑))

       「お前こそ全然捨てないから困るんだよー、要るときにまた買えばいいのに」

女性「もったいないじゃない!それにちゃんと使ってるし」

男性「使ってるの見たことないけど。」

女性「・・・」

実際、片付けに困っているご自宅には、押入れやクローゼットの上がこんな空箱で占領されていることも。

・パソコン
・プリンター
・スマホ(iPhone)
・電子タバコ
・掃除機
・ルーターなど通信機器
・家電製品
・ゲーム
・おもちゃ

 

「何で空箱を取ってあるの?」と聞かれたら、売るときに必要!誰かに譲るときに必要!引っ越すときに必要!と即座に保管目的が答えられるならまだよし。

 

でも、実際はこうだったりします。

・売るとき→中古品の場合、販売額の違いは数百円~1,000円程

・誰かに譲るとき→親戚や友人に譲るなら箱は不要

・次に引っ越すとき→引っ越すかも未定?引っ越し業者の段ボールで十分

 

紙袋(箱)や缶を取っておく女性も「かわいいから♡」と漠然と集めている場合が多いので、「何に使うの?」て聞くと「え~っと。。えへ(笑)」って場合も。

要注意です!!

 

気付くとあちこちのスキマに紙袋や布袋を挟み、かわいいお菓子の箱や缶を棚に積み上げ、おうちの収納はいつもいっぱいで、家族に文句を言われることに。

家族それぞれが仲良く、気持ちよく、生活していくために、そんなときは「なぜとってあるのか」(保管目的)をお互い確認した上で「これだけ」とか「ここに収まる量」とか

見てわかる量に収め、空箱も紙袋もそれぞれ1ヵ所にまとめておけば喧嘩も減るはず!

 

男性がとっておきたい空箱は1度畳んでかさを減らしても◎

女性がとっておきたい紙袋(箱)や缶もかわいい♡とテンションがあがるモノは「いつか、誰かに、何かをあげるとき用」ではなく、ご自身のアクセサリーや文房具、

小物入れや仕切りとしてどんどん活用して毎日ルンルン♪気分よく過ごしましょう。

 

○お知らせ

<整理収納アドバイザー2級認定講座>

月1で開催。1日で資格も取得できる人気No.1講座を受けてみたいという方はチャレンジを!お待ちしています。

12/20(火)10:00~17:00

 

執筆者プロフィール

カネノミホ

1級整理収納アドバイザー、1級オフィス環境診断士。

2015年に整理収納サービス『Sukkirari(スッキラリ)』 を立ち上げ、個人宅&職場への出張整理収納サービスをスタート。「維持できる!楽しい片付け」をモットーにした、家族のライフスタイルに合わせた収納アイデアは目からウロコと評判。これまでに石川県・富山県・福井県で400件&2,000時間以上を片付け、セミナーや資格講座を開催。暮らしにゆとりを生む片付けのコツを発信している。

 

詳細・お問い合わせ・作業を体験した方の声はこちら↓

HP:整理収納サービスSukkirari☆スッキラリ
LINE:sukkirari☆スッキラリ
インスタグラム:@mihokaneno
フェイスブック:金野 美保

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事