煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

中華激戦区の小松で出会ったモチモチ食感の刀削麺

 

中国の東北地方、吉林省出身の彭(ホウ)夫婦が経営する中華レストラン『赤門』は、中華激戦区小松市でも有数の人気店として知られる店。

本場中国で腕を磨いた料理人が作る本格中華が自慢で、なかでも名物となっているのが「刀削麺」。

グツグツと湯が沸いた鍋の前に職人が立ち、小麦粉を練った生地の塊を削ぎ落としながら茹でていきます。その独特な製法から、麺は柳の葉のような形になり、独特の食感が生み出される。

麺を削るには手際の良さと均一にする職人技が必要で、熟練の域に達するまでには相当な年数が費やされるのだそう。

生地は小松産小麦を100%使用。ラーメンはもちろん、冷やし中華や焼きそばなど20種類以上ある麺メニューのすべてを刀削麺に変更することができるということで、通常麺と刀削麺どちらが自分好みか試してみたくなる。

かに肉のほか、えびやほたてなど魚介がたっぷり入った冷やし中華1,200円。夏にぴったり。

 

手作り生地の中に豚の皮を30時間煮込んだスープがたっぷり。特級調理師がすべて手作りしている小籠包は5個360円と値段もリーズナブル。

 

広々とした店内は、おひとりさまから団体客まで幅広く対応してくれる。さらに、2階には約70名が収容できる大広間も備える。

 

熟練の職人技でテンポよく麺を削る店主の彭さん。本場中国や東京などで培った料理の腕に定評あり。

 

赤門

アカモン

石川県小松市今江町1-374

TEL.0761-24-0039

営業時間/11:00〜14:30、16:30〜23:30

定休日/火曜日

席数/カウンター10席、テーブル36席、座敷12席(2階72席) ※全席喫煙可

駐車場/共有パーキングあり

※この情報は取材時のものです。

 

※こちらの記事は、2018年6月末発行の『BonNo』vol.83を再編集したものです。

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事