煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

夏こそ食べたい!野菜たっぷり『はなくま食堂』のグリーンカレー。

生の唐辛子をふんだんに使ったフレッシュ&スパイシーな味わいが特徴のタイ料理

 

なかでも「ゲーン」と呼ばれるカレーは、現地でも大人気。世界でもっとも美味しい料理に選ばれたマッサマンをはじめ、イエロー、レッド、グリーンなど、数え切れないほどの種類があります。

 

今回、BONNO編集部が注目したのはグリーンカレー

 

青唐辛子(プリッキーヌ)の辛さ、ココナッツミルクの甘さ、さらにハーブの爽やかな香りが一体となったタイカレーの王道。ほかの国のカレーと比べても辛口で、食欲不振すら吹き飛ばしてくれます。

 

夏本番を前に、ぜひともマイリストを充実させておきたいところですね。

 

江戸時代からの古い街並みが残る大野町。

醤油の町に、アジアの風吹く。

そんなわけでやってきたのが『はなくま食堂』

 

アジアンカレー好きのマイリストに加えてほしい、日本有数の醤油の産地・大野町の一角にある、無国籍プレートランチが人気のお店です。

 

メニューは、大野の醤油や味噌を使った「大野ランチ」と、スパイシーな味わいが人気の「アジアンランチ」の2種類。アジアンランチのメインは週替わりで、グリーンカレー以外にもガパオライス、インドネシアのナシゴレン、ジャマイカのジャークチキン、沖縄のタコライスなどが楽しめます。

 

しょう油蔵元の倉庫を改装した店舗。築70年の古い梁がそのまま生かされている。

 

お店を切り盛りするのは、本田雅美さん。

 

県内の無国籍料理のお店で腕を磨き、十数年前には地元のかほく市でお店も開いていた実力者。子育てのため一旦お店は閉じましたが、ひょんなきっかけでしょうゆ蔵の倉庫を借りることになりました。

 

「この町の懐かしい雰囲気にひかれて。子育ても落ち着いてきたので、もう一度チャレンジしようと思ったんです」と本田さん。周囲のバックアップもあって、5年前に「はなくま食堂」をオープンしました。

 

お店は本田さんがひとりで切り盛りする。

 

娘さんのお絵かきをもとにデザインされたロゴ。はな・く(るみ)・ま(き)という、3人の子供の頭文字をつなげた店名からも、本田さんの子供愛が伝わってくる。

 

グリーンカレーのレシピは、本田さんが無国籍料理店で働いていたときに習得したもの。その本格的な味わいは、地元のカレー通からも太鼓判を押されるほどです。

 

それではさっそく作っていただきましょう!

 

アジアンランチ(グリーンカレー)

アジアンランチ 1,400円。

 

具材が多めで、旬の野菜がたくさん入っているのが、はなくま流グリーンカレーの特徴。

 

定番のタケノコ、ナス、鶏肉のほか、今回はパプリカやほうれん草などが入り「具材を炒める順番やタイミングによって、味が変わってくるんですよ」と、素材の味を生かす工夫にも余念がありません。

 

青唐辛子やハーブなどで作られるグリーンペーストを炒めながら、ココナッツミルクを加えて溶きのばしていったものがルウの基本。そこにナンプラーなどの調味料を加えて、おおまかな味が完成します。

 

緑色の理由は青唐辛子とハーブによるもの。だからこそフレッシュな辛さが味わえる。

無農薬・有機野菜の副菜もたっぷり。

サラッとしたルウを、ごはんに少しずつかけて食べるのが本場のスタイル。結構辛さはあるけど、ココナッツミルクのまろやかな甘さが、ほどよく刺激を抑えてくれます。コブミカンやレモングラスの爽やかな風味もクセになります。

 

副菜は、地元の無農薬野菜を移動販売する八百屋「リリー商店」で仕入れた、新鮮な野菜がもりだくさん。この日はパクチー、大葉、エビ、チキンなどをライスペーパーで包んだ生春巻き、葉物のサラダ、コーンとパクチーのかきあげでした。

 

ボリューム満点の生春巻き。こだわりのソースをつけて召し上がれ。

 

レモンコーヒー 400円。すっきりとした酸味とコーヒーのほろ苦さが、食後にぴったり。

 

自宅で簡単にナシゴレンを作ることができる、自家製のサンバルソースと甘醤油も販売。サンバルはマイルドな辛さなので、たとえば目玉焼きやウインナーなどの味付けに使うのもあり。

 

暑くなる季節にこそ食べたい『はなくま食堂』のグリーンカレー。週替わりで提供されるので、確実に食べたいという人は、お店のInstagramを随時チェックすることをおすすめします!

 

 

はなくま食堂
石川県金沢市大野町1-38
TEL.090-4687-2745
営業時間/11:00〜14:30(ディナーは応相談)
定休日/火曜、水曜
席数/テーブル12席
駐車場/もろみ蔵との共有駐車場あり

※こちらの情報は取材時点のものです。

 

 

(取材・文/ヨシヲカダイスケ、撮影/林 賢一郎)

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事