煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

ふわとろたまごとソースに溺れたい「月の砂漠」のオムライス

オムライス好きは、どこへ行く。

金沢大学、鶴間キャンパスがある金沢市石引。そこにあるのは、オムライス好きたちのオアシス「月の砂漠」。

 

天ぷらにそばにと、何軒かの飲食店が連なるビルの一階。

「月の砂漠」は、昼は喫茶、夜はダイニングバーとして、店主の平内さんがひとりで切り盛りするお店。そのため、ときには「今は手が離せないから、そのドリンクはセルフでお願いね!」なんてことも。店主との気兼ねない会話と、特製オムライスやドリアが味わえる一軒だ。

 

外観から雰囲気ある佇まい。もちろん学生以外もウェルカム。ひとりでもふらっと立ち寄れる雰囲気をまとっている。

 

手前はカウンター席、奥にはテーブル席が10席ほど。思いのほか小ぢんまりとした店内。

 

モットーにしているのは「価格はリーズナブルでも味は本格派」。学生が多い街だからこそ、どこまでも学生のお財布と胃袋に優しい。

 

オムライスソースは、トマト系、ミート系、海鮮クリーム、牛肉赤ワイン煮込みソースなど8種類あるが、どれもいちから手作りする自家製。さらにオムライスはトッピングが可能で、野菜や肉類、チーズ、シーフードの具材から自分好みにカスタマイズできる。

組み合わせは自由自在。オムライス好きにとっては無限の可能性を感じずにはいられない。

 

たまごは、たっぷりのバターでオムレツに仕立てるふわとろ系。

たまご3個分の卵液をフライパンへと流し込み、一気に調理する。

 

じゅう〜と音が立ち、バターのいい香りがあたりに立ち込める。

 

トントントンとリズムよくフライパンの持ち手を叩く。焼き始めてから1〜2分、あっという間に完成。

 

熱々の鉄板の上に、チキンスープで炊き上げたチキンライスをのせ、オムレツ、自家製のトマトソースとホワイトソースをあいがけしたミックスソースで仕上げる。

 

トマト&ホワイトソースのミックスソース780円。最後のひと口まで熱々。

 

チキンライスの具材は、鶏肉と玉ねぎといたってシンプル。

油で炒めていない分、重たさを感じない。

 

たまごとソースというふたつの海原をかき分けないとライスには到達できない。それほどまでにトロトロなのだ。

 

下ごしらえに手間をかけ、しかも11時から24時まで年中無休で営業しているという、只者ではない店主をぜひ紹介したかったのだが「こんなおじさん写さないでね」と恥じらい店の奥へと隠れてしまった。それはまた別の機会に、次はふわっと軽いオムライスを思い切りカスタムしたい。

 

ロールケーキ&バニラアイス580円。デザートは定期的にメニューの変更あり。

 

月の砂漠

ツキノサバク

石川県金沢市石引1-5-26 パークビューハイツ1F

TEL.090-2127-8608
営業時間/ランチ11:00~15:00(L.O.14:00)、ティータイム14:00〜18:00、ディナー17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日/年中無休(12月30日〜1月3日は休業予定)

席数/カウンター5席、テーブル10席
駐車場/6台
※この情報は取材時のものです。

 

(取材・文/森内幸子、撮影/林 賢一郎)

 

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事