煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

究極のいやしを求めて。猫たちが暮らすお店【総集編】

界隈の地域猫が自然と住み着いたお店、猫好きのオーナーさんが経営するお店。金沢には猫が自然と暮らすカフェや喫茶店、そして本屋がいくつかあります。

 

猫カフェではないけど、運が良ければ猫と出会える。今回はそんなお店を集めてみました。

 

ノマドライフ(金沢市・幸町)

 

金沢新竪町を抜けてちょっと歩いた先。住宅街にひっそりとたたずむ『ノマドライフ』は、落ち着いた雰囲気で軽食やスイーツが楽しめるカフェ。

 

築120年の古民家を改装した空間はどこか懐かしく、忙しなく流れる日常を忘れさせてくれます。

 

休憩中でなければ、こんな風にお出迎えしてくれるかも。

 

オーナーの大江夫妻とともにこのお店に暮らすのは看板猫の小太郎くん。だれもが認めるイケメンぶりでお客さんからも大人気。穏やかで愛嬌のあるマンチカンらしく、カフェスペースでのんびりとくつろぐ姿をよく目にします。

 

特技はカメラ目線の決めポーズ。陽の当たる縁側や薪ストーブの周りが、お気に入りの場所なんだとか。

 

 

ノマドライフ
石川県金沢市幸町16-20
TEL.076-209-5773
営業時間/11:30~16:00
定休日/水曜、木曜、金曜、日曜日
※2017年12月末発行 BonNo vol.76より

 

喫茶 岸(金沢市・尾山町)

 

尾山神社そばにある純喫茶『喫茶 岸』。超厚切りのトーストが名物で、全国から猫好きが集まる喫茶店としても知られています。

 

お店を切り盛りするのは蚊爪雅代さん。お店の前で拾った初代の看板猫(ミーちゃん)と暮らすようになってから猫好きとなり、現在も2匹の猫たちと暮らしています。

 

女子のように可愛らしい顔をしたアヤメくん。

 

このお店で暮らすのは、白くてふわふわなアヤメくんと、まだまだヤンチャ盛りのココちゃん。いつもお店の中にいるわけではなく、暖かい日には目の前にある神社や参道へ散歩に行ったりもします。

 

自由気ままな猫の生活って、憧れますよね〜。

 

 

喫茶 岸
石川県金沢市尾山町12-15
営業時間/10:00~21:00
定休日/日曜日
※2017年12月末発行 BonNo vol.76より

 

カフェ・ド・ティー・エリー(金沢市・兼六町)

 

兼六園の入り口近くに位置する『カフェ・ド・ティー・エリー』。パリ近郊にあるシャトー・ティエリという町が名前の由来となっているそうで、ヨーロピアンレトロな空間がとても印象的です。

 

季節のフルーツとアイスクリームがタワーになった人気のパフェは、これを目当てに金沢観光に訪れる人もいるほど。ほかにも店主の綿谷昭子さん特製の「焼きりんご」などが食べられます。

 

【関連記事】ノスタルジックな癒しの空間。愛しの『カフェ・ド・ティーエリー』

 

店内には猫本や写真、オブジェなどがたくさん並べられている。

 

綿谷さんがお世話をするふわくんとさくらちゃんは、夜から朝までは近所にある綿谷さんの自宅で過ごし、昼から夜はお店の近くで散歩やお昼寝をするのがルーティン。

 

ただし、2匹ともデリケートな性格で、お客さんがいる間はあまり姿を見せないそう。運が良ければお出迎えしてくれるかも、それくらいの感覚で遊びに行ってみてください。

 

 

カフェ・ド・ティー・エリー
石川県金沢市兼六町2-44
TEL.076-263-1738
営業時間/12:00~18:00
定休日/金曜日
※2017年12月末発行 BonNo vol.76より

 

オヨヨ書林(金沢市・新竪町)

 

無類の本好きで、学生時代には千冊以上の本に囲まれて暮らしていたという、店主の山崎有邦さんが経営する『オヨヨ書林』。新竪町にある店舗には、文庫本や美術書、写真集などの古本を中心に、猫本なども並べられています。

 

日向ぼっこをする看板猫のフクくん。

 

看板猫のフクくんは、移転前の店舗の倉庫に捨てられていた子猫を保護したもの。とにかく好奇心旺盛で、人を警戒する素振りを微塵も感じさせなかったそうです。

 

昔、近所の本屋にいた猫、今も元気かな〜。

 

 

オヨヨ書林 新竪町店
石川県金沢市新竪町3-21
TEL.076-261-8339
営業時間/11:00~19:00
定休日/水曜日
※2017年12月末発行 BonNo vol.76より

 

メロメロポッチ(金沢市・古府町)

 

昨年春に近江町から金沢郊外に移転した『メロメロポッチ』。アーティストの表現の場として数多くの表現者を紡いできた、老舗のライブ喫茶です。生ジュースも有名ですね。

 

マスターの熊野盛夫さんは、劇団の主宰として脚本などを手がけるほか、市議会議員として様々な環境問題にも取り組んでいます。

 

【関連記事】老舗ライブ喫茶「メロメロポッチ」が今、考えること。

 

クール系女子のシャム田にゃんさん。

 

メロポチにも一匹の猫が暮らしています。名前はシャム田にゃんさん。どうやら地域猫として近くに住んでいたところ、熊野さんに懐いていつしかお店に居つくようになったそうです。

 

いつか女優デビューするんでしょうか?

 

 

メロメロポッチ
石川県金沢市古府町西113
TEL. 076-266-0775
営業時間/13:00~19:00
定休日/不定休

 

NYANCAFE-BOOKS(金沢市・石引)

 

石引の住宅街にあるブックカフェ『NYANCAFE-BOOKS(ニャンカフェブックス)』は、地元の猫好きに広く知られるお店。壁一面の本棚に敷き詰められた約2,000冊の蔵書のなかには、写真集や純文学など400冊以上の猫本が含まれています。

 

お店を営むのは愛猫家のリンダさん。学生時代はマンガ研究会に在籍していたそうで、猫にまつわる漫画の知識も豊富です。

 

黒猫の文学くん。可愛すぎます!

 

リンダさんと生活を共にする黒猫の文学くんは大の人見知り。なので、ほとんどの時間を2階の自宅で過ごすんだとか。ときたま常連さんの声が聞こえると、挨拶をしに降りてくることも。

 

会えたら超ラッキー。会えなくてもリンダさんの特製スイーツが、心とお腹を満たしてくれます。

 

 

古本と珈琲 NYANCAFE-BOOKS

石川県金沢市石引2-23-14
TEL. 076-221-3644
営業時間/12:00~19:00
定休日/不定休
※2018年3月末発行 BonNo vol.80より

 

 

以上、猫たちが暮らすお店でした。

本日2月22日は猫の日。全国の猫たちに、楽しく幸せな日々が訪れますように。

 

【関連記事】猫の肉球で性格がわかる!うわさの「ねこてそ」を試してみた

 

 

(文/ヨシヲカダイスケ、撮影/林 賢一郎)

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事