煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

ゴキゲンでアゲアゲ!石引商店街の新イベント「あげものストリート」をレポート

金沢城を築く際、切り出した石を男たちが引いて運んだことから名前が残る石引。

その大通りには、昔ながらの店と新しい店とが混然一体となった石引商店街があり、新たな商店街カルチャーを生む面白いスポットになっている。

 

商店街の若手店主たちが発起人となって8月に開かれたネオ盆踊り「石引ゲバゲバDJ盆踊り」をはじめ、新しい地域の祭り「石引あげものストリート」が開かれるときいて、唐揚げ&ハイボールに目がない筆者がおじゃました。

 

音楽好き、カレー好きが集まる『JO-HOUSE』周辺のアーケードに飲食店が出店。イベント開始の11時にはすでに多くの人だかりができていた。

 

野菜も食べなさい!といつもお母さんに怒られるちびっこも、日々ダイエットに励む大人も、この日ばかりは周りの目を気にせず、あげもの三昧。

 

商店街の飲食店をはじめ県内から集まった9店舗が出店。

集結したそのあげものメニューを見ていただこう。

 

石引にある天ぷら酒場兎一。

 

まずはあげものの王道、天ぷらから。

天ぷら酒場兎一は、海老天巻き寿司と串天盛り合わせを販売。オリジナルの天つゆはかけ放題ということで、思う存分にかけさせてもらった。

 

4種類の串天盛り合わせ。実力店だけに天つゆも良し、塩もまた良し。もうどっちも美味しい。

 

石引に店を構えて190年以上になる老舗『大鋸豆腐店』からは、おからコロッケと豆腐コロッケを販売。昔ながらの製法で作られた豆腐が素朴な味わい。小ぶりなコロッケに店の歴史がぎゅっと詰まっている。

 

創業は江戸時代末期1830年というからすごい。

 

1972年創業、カレーとジャズが楽しめる『JO-HOUSE 石引店』からは、チキンフライをトッピングした名物のカレーライスが。2017年に石引商店街へと移転した『niginigi(敦子の熱々アジア飯店)』からは、豆乳ビーフンが登場した。

 

店の人気メニュー、スパイシーな特製カレー。

 

地元産の新鮮な野菜を使ったヴィーガンスタイルの店『niginigi』。スパイスの効いたソイミート揚げをのせた、ピリッと辛い豆乳ビーフン。

 

出汁がしみしみの自家製さつま揚げと日本酒をひっさげた金沢おでんの名店『よし坊』があったり、元菊の人気カフェ『キッチンエスニカ』の揚げたてチュロスがあったりと、数々堪能できる。

 

和気あいあいとした温かい雰囲気の会場。香林坊の人気店『よし坊』。

 

魚の形をしたさつま揚げ。自家製の練り物ってなんでこんなにおいしんだろう…。

 

ガッツリパワーフードもあればスイーツ系もあり。

スイーツは別腹ということで、チュロスの詰め放題に挑戦。

 

コップいっぱいになるまで詰め放題。大人も子供も楽しい。

 

そのほか『パン屋こくう』のドーナツや『石引パブリック』のコーヒーにかりんとうもあり、一日のカロリーオーバーは間違いなし。

 

今回のイベント、イラストレーターで漫画家の本秀康さんによる9年ぶりの新作漫画「あげものブルース」の発売に由来して、あげものがテーマになっている。

 

本 秀康さんのイラストによる祭りのポスター。会場では手ぬぐいやサコッシュなどオリジナルのグッズも販売。

 

特設の「もりあげステージ」には本さんご本人が登場。新刊を記念したトークライブのほか、アーティストによるライブが行われた。

 

3ピースバンド、ミックスナッツハウスが登場。子供も踊りだすポップな音楽で「もりあげステージ」を沸かせた。

 

地域振興を祈願する「御山(おやま)まつり」に合わせて開催された「あげものストリート」。郷に入っては郷に従え。アーケードで歌って踊って満たされて、地域の個性が光る祭りって面白い。

 

あげものストリート

場所:石引商店街(石川県金沢市石引2-9)

日付:2019年9月22日(日)

時間:11:00〜16:00

主催:石引ゲバゲバ祭り実行委員会

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事