煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

月末のみ営業。コーヒーと古着とカレーのお店

店内のそこかしこに貼られた1960年代のヴィンテージポスター。ジャンルレスに並べられたアナログレコードとターンテーブル。アメカジ世代ならその良さがひと目でわかる古着の数々。そして、店の中に立ちこめるコーヒーとカレーの匂い。10席にも満たない小箱にさまざまなカルチャーが混在したミクスチャーな世界観は、お店を経営する岩城夫妻の生き方そのものだった。

 

街角にあるバーのような佇まい。

大人だって遊びたい!これが原動力

営業は月末オンリー。この店を訪れる前に、そんな話を聞いていた。この店とは、金沢市額新町の住宅街にひっそりと佇む『NEW HAVEN』のこと。「トラベル、ミュージック、アートをテーマに、コーヒー、カレー、古着が楽しめるお店です」。インスタグラムにぽっと現れた紹介文を見たときは「カオスな雰囲気だけど、なんか好きかも」と、妙にわくわくしてしまった。

 

扉の頭上にはナカムラマサ首のドロイーングが飾られている。

 

なぜ、月末オンリーなのか。それは経営する岩城夫妻が、普段はそれぞれ会社に勤めているから。自分たちの仕事のペースに合わせて営業日を決めているそうだ。

 

「妻と出会ってから色々な場所を旅してきて、いつか旅人が集まる喫茶店のような店ができたらいいね、みたいな話をしていたんです。それがようやく実現した感じ。とはいっても生活があるので、自分たちのペースで少しずつスタイルを確立できればと思っています」

 

ふたりはともに富山県出身。金沢に移住するまでは名古屋や瀬戸内海の島で暮らし、出会うまでにもご主人の守さんはバイクで日本一周をしたり、奥様の奈美さんはバックパッカーとして世界中を旅していたそう。ふたりにとって人生は旅するもの。店名を『NEW HAVEN』にしたのも、バックパッカーや旅人の中継地となる「港」のような店にしたい思いがあったからだそう。

 

ご主人の岩城守さん。なかなかの男前です。

 

「遊びたいという気持ちも、好きな音楽もファッションも、じつは高校生くらいのときと変わっていないんです。自分にとってこの店は遊びの延長線上にあるもの。音楽好きや旅好きだったり、色んな価値観を持つ人たちを集めて一緒に楽しく遊びたいだけなんです」

 

大人だって遊んでええやん!といういたってシンプルな世界観。オープンにあたって新しく買い揃えたものはなく、普段暮らしている住居がそのまま店になったことからも、ふたりの生活の延長線上にあるお店であることは容易に想像がつく。

 

ファッションの感覚は古着で養われたという夫妻。シンプルながら遊び心のある服をセレクトする。

 

「スナックでカラオケを歌うような感覚で、音楽好きがお気に入りのレコードを持ち寄って、好きな曲をひとりずつかけていくような店にしたい」というのもふたりの希望。実際に、これまでも旅先で出会ったDJたちが頻繁に訪れているそうだ。

 

音楽好きが”遊べる”店にするのがふたりの夢。

 

インドで習った本格カレーもあります

じつは奥様の奈美さんは、料理教室を開校するレベルの腕前の持ち主。とくに野菜やスパイス、ハーブなどの知識に長け、講師としても活動しているんだとか。カレーに関してはインドまで習いに行ったというのだから恐れ入る。

 

本日のカレーは、カシューナッツのチキンカレーとレンズ豆のカレーの2種。できるだけオーガニックな素材を取り入れながら、インドの調理法を忠実に再現するのが奈美さんの流儀。油も塩もしっかり使っているので、食べ応えのある味に仕上がっている。りんご酢やヨーグルトを使ってさっぱりと仕上げたインドのお惣菜〈サブジ〉も本格的。

 

本日のカレー1,200円。インドのおせんべい〈パパド〉と一緒に。

 

コーヒーをドリップするのは守さんの役割。豆はオーガニックのグアテマラ。淹れる直前にハンドミルで挽くのがこだわりだそう。「小さい店だからこそ手間ひまをかけていきたい」と、いずれは自家焙煎に挑戦するのが目標だ。

 

コーヒーのお供には、奈美さん手作りのガトーショコラをぜひ。おすすめはアブサン。濃厚なショコラにアブサン特有の複雑な薬草の香りが重なった味がクセになる。

 

守さんが一杯ずつ丁寧にハンドドリップしてくれる。

 

アブサンのガトーショコラ440円と、ドリップコーヒー440円。

 

「好きな音楽を聴きながら一杯やりたい」という人には自家製のハーブ酒がおすすめ。暴飲暴食が続いた年の瀬を振り返り、どうせお酒を飲むなら身体に良いものを飲んだ方がいいと思う今日この頃。今の季節はホットにするとより染みそうだ。

 

独特の風味が楽しめるハーブリキュール。

 

1月の営業予定は18日、20日、25〜27日の5日間。旅する夫婦、岩城夫妻の世界観を覗いてみてはいかがでしょうか。営業日の詳細はInstagram(@new_haven_kanazawa)でチェック!

 

 

NEW HAVEN
ニューヘイブン
石川県金沢市額新町2-33-5
営業時間/15:00~24:00(変動あり)
営業日/基本的に月末
席数/カウンター5席、テーブル4席
駐車場/3台
※こちらの情報は取材時のものです。

 

(取材・文/吉岡大輔、撮影/林 賢一郎)

 

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事