煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

オトノイロ|vol.10:音を可視化しているミュージックビデオ

DJ TOSHIKIが「聴く」を考える【オトノイロ】
「聴こえる」と「聴こえない」の垣根をエンターテインメントで結びたい!石川県出身のスポーツDJ・TOSHIKIが、聴覚障害者への理解を深め、インクルーシブな社会実現を目指すコラムです。

 

今回は面白いミュージックビデオを紹介します。

ニュージーランド出身のアーティスト、Nigel Stanford(ナイジェル スタンフォード) のCYMATICS(サイマティクス)という曲のミュージックビデオでは、科学の力を使って「音を形で表現」しているんです。

 

 

サイマティクスとは、”砂や水などの媒質によって物体の固有振動や音を可視化すること、またはその現象の研究” とWikipediaでは説明されています。

 

何か難しそうだけど簡単にいうと、音の振動から物体をつかって可視化すること。

例えば、スピーカーの近くに置いたコップの水に波紋が出来たりする現象もサイマティクスという現象です。

そもそも音は空気が振動することで聞こえるので、その振動を利用すれば形として可視化することができます。このミュージックビデオの中でも、板の上に置いた粉末が音楽の振動によりいろんな形に変わります。ほかにも、ドラムのキックで水柱を曲げてみたり、鍵盤の音に合わせて炎が形を変えていったりと「音」からいろんな物質を通して「形」として表現しています。

 

このミュージックビデオには、冒頭のメッセージでも伝えているように、CGなどは使っておらず全て本物の現象だそう。

サイマティクスを使った作品を作っているアーティストはほかにもいて、アイスランドの世界的ミュージシャン、Bjork(ビョーク)もバイオフィリア・ライブというライブ映像でサイマティクスを取り入れた演出をしています。

 

 

アイデアとテクノロジーを使って、

「音を聴くだけでなく、音を見て楽しむ」ことがもっと出来るようになれば、遊びやエンターテイメントの場でも、よりいろんな方が楽しめるものをつくっていけるのではないかと思っています。

 

◯DJ TOSHIKIが「聴く」を考える【オトノイロ】

→バックナンバーが読める記事一覧はこちら

 

 

執筆者プロフィール

DJ TOSHIKI
石川県出身。プロバスケットボールBリーグ「アースフレンズ東京Z」オフィシャルDJのほか、スポーツクライミング、スケートボード、BMX、ボッチャ、パラスポーツのシーンなどでSPORTS DJとして活動。また、聴覚障害を持つ人にも音楽を楽しんでもらいたいと2021年一般社団法人「NEIRO(ネイロ)」を設立。

Facebook:DJ TOSHIKI(@ToshikiDJ)
Instagram:@djtoshiki
Note:DJ TOSHIKI
Twitter:DJTOSHIKI(@djtoshiki)
公式HP:一般社団法人NEIRO

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事