煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

品数ランチ⑭|金沢市小橋町「小皿料理の菜と肴 のらり」の気まぐれ定食

品数8品以上を縛りにした、よくばりランチを紹介する〈石川品数ランチ〉

 

今回は、金沢市小橋町にある『小皿料理の菜と肴 のらり』の日替わりランチを紹介します。

 

ネイビーの格子が印象的な外観

気配り上手な店主が営む、ゆるりとできる小さなお店

 

近江町市場から彦三町方面に向かい、浅野川にかかる小橋を渡ると見えてくるこぢんまりとした小料理店。2017年の開業以来、地域のお客様に愛されて口コミでファンを増やしてきたお店です。

 

BONNOでは過去に『あうん堂』のご店主・本多さんからのご紹介でご登場いただきましたが、普段から“『あうん堂』で教えてもらってきました”というお客様も多いのだとか。口伝えでお客様が広がっていくのは、愛され店の証ですね。

 

あの人たちのとっておき。『あうん堂』の本多博行さんが愛してやまないもの。を読む

 

厨房を取り囲むL字型のカウンター

 

店主の新谷藍子さんは金沢市出身で、関西の割烹や居酒屋で腕を磨いたあと金沢に戻り、街から少し外れた小橋町の雰囲気が気に入ってこの地に店を構えました。

厨房を取り囲むカウンターの所々に置かれたお客様からのお土産や頂き物が、寡黙でありながらもお客様に慕われる新谷さんの人柄を物語っているようです。

 

掘りごたつ式の小上がり席

 

小さなお店ですが、カウンターのほかに小上がり席も備えています。

「お店をつくるときにテーブル席にするか迷ったんですが、子どもを持つ友人を見ていると家族連れのお客様には小上がりが良いだろうなと思ったので。家族で食事を楽しんでほしいですし、そういったお客様にも安心してきてもらいたかったんです」と話す新谷さん。

彼女の心配りはこればかりではありません。

 

夜のメニュー表。裏表に同じ数だけ並び、季節に応じた別メニューもある

 

「いつの間にか増えちゃったんです」という夜のメニューは、改めて数えると約90種類も。このメニューの所々にも、新谷さんの心遣いが垣間見えます。

例えば、フライドポテトはS、M、Lのサイズが用意してあったり、にんにくメニューの近くには「においが気になる方はリンゴあります」の言葉が書き添えてあったり。

そもそも、ひとつひとつのお値段がとてもリーズナブル。おひとり様でも少しずついろんなものを楽しめるのが嬉しいですし、この種類を用意するのはなかなかできることではありません。

誰も取りこぼさない、人に優しい定食

 

気まぐれ定食 1,000円(土日限定)

 

『のらり』のランチは曜日ごとにメニューが変わります。

土日は、小鉢がたっぷりの気まぐれ定食。

水曜日は、月替わりの丼ランチ。

木曜日は、ラー油肉そば定食。

 

今回ご紹介するのは、土日の気まぐれ定食ですが、水曜・木曜のメニューにも数種類のおかずが付くそうで、どれもボリューム満点。

 

気まぐれ定食のメニューは週替わりですが、毎週メインは肉・魚から選べるようになっていて、選び切れない方は相盛りにすることもできます。それでも1,300円。

ほかにも、ボリュームが欲しい方には小鉢の追加も可能で、さらにご飯のお代わりも一杯無料!

選びたい人、迷っちゃう人、少しずつ色々食べたいワガママさん、子どもと取り分けたい親御さん、食いしん坊さん…

この気まぐれ定食であれば、どんな人でも満足できる内容となっています。

 

今回は、ベーシックな気まぐれ定食(1,000円)の肉メニューを注文しました。

それでは、品数を数えてみましょう。

 

 

 

本日の品数は12品でした!

 

この日のメニューを詳しくご説明。

  1. 鶏の南蛮漬け
  2. きゅうりの甘酢漬け
  3. とんかつ
  4. 海老団子
  5. じゃがいものミートソース
  6. 味噌の大葉巻き
  7. 椎茸のチーズパン粉焼き
  8. う巻き
  9. 漬物
  10. サーモンとアボカド和え
  11. ご飯
  12. 味噌汁

 

という内容でした。

 

提供された瞬間「あれ、小鉢追加したっけ?」と思ってしまうほどの小鉢の数。和食がベースの丁寧に作られた創作料理が並びます。

 

 

だし巻き卵は夜でも人気メニューとのこと。

この日の定食にはうなぎを巻き込んだ「う巻き」が付いてきました。

うなぎの香ばしい香りと、染み出てくる出汁が絶品です。

 

 

海老のすり身でつくった海老団子はふわふわ、もっちり。

優しい味わいの出汁で煮ています。

新谷さんは関西で料理を学んでいたこともあり、すっきりとした出汁使いが上品です。

 

 

サクサクのパン粉とチーズや椎茸のうまみが合わさった、少し洋の雰囲気がある一品。

一緒に盛られている大葉巻きの味噌にはクルミや胡麻などを合わせてあり、香り高いご飯のお供としても最高でした。

 

お帰りの際は扉付近の壁にもご注目。

夜は県内外の日本酒を気まぐれで揃えています。飲み終えた瓶のラベルはこの壁に貼って記録として残しているそうです。

 

ランダムに貼られているのに、渋い統一感が出ている日本酒ラベルコレクション

 

街からも歩いて10分ほどなので、散歩がてらランチでも、夜に軽く一杯でも、使いやすいですね。

以上、豊富な小皿料理が得意な『のらり』のランチのご紹介でした。

 

 

のらり

石川県金沢市小橋町1-15

TEL. 076-254-0277

営業時間/11:30~14:00、17:00~21:00

定休日/月曜 ※火曜、金曜はランチ営業なし

席数/12席

駐車場/2台

※こちらの情報は取材時点のものです。

 

(取材・文/西川李央、撮影/林 賢一郎)

 

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事