煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

【NATURAL LIFE】㉔春の香り

自然と人の共生を考える【NATURAL LIFE】
地中で植物の根が絡まり合い共存するするように、自然と人も絡まりあい共存していくためには。里山の保全活動を行うナチュラリストの目線で見た、自然にまつわるコラムです。

 

空気が変わる時

冬の凛とした空気からなんだかほわっとする空気に変わった。

ほわっとする空気の中にはさまざまな香りが入り混じっている。たぶんこれが春の香りなのだと思っている。

雪が溶けて土が顔を出す土っぽい香りと、花粉?なのかなんかザラついた香りと。

 

だいぶ溶けた雪。

 

こんにちは!

 

雪の多い冬だったけど、こうしてまたあたりまえに春はやってくる。
さよなら冬。ようこそ春。

 


春の空気感。

 

春の味

すっかり雪が溶けたら春の味が顔を出している。

 

ハローふきのとう。

 

私は、春一番の味はふきのとうだと思っている。

 


近所の居酒屋さんにて、ふきのとうの天ぷら。

 

こうして春を食す。

ふきのとうが大好きなんですと公言しているからか、近所のおじさんがふきのとうを持ってきてくれた。
「ちょっとしかないけど」って言って渡された袋には大量のふきのとうが入っていた。
3月は何かと仕事が忙しくヒーヒー言っていたけど、ふきのとうのおかげで3月は乗り切れそうだ。

 

何にしようかな〜。

空の色

北陸の冬の空はグレイな空が多い。
しかも年間181日雨が降るらしいので、かなり空をグレイがしめている。

 


The 北陸の空。

 

グレイな空もじつは嫌いではない。山の景色はグレイも似合う。幻想的な感じがして好き。

だけど、やっぱり青空はテンションが上がる。青空というだけで気分を持ち上げてくれるから、青空の効力というのはすさまじいものだと思う。

 


さわやか青空。

 


青空というだけでまだ寒いけど青空ミーティング開催。

 

空も季節を運んできてくれる。

家の中

春になって家の中にも生花が増えてくる。

スーパーへ行っても花が目についてくるし、ホームセンターに行っても花が視界に入ってくる。

山もそう、桃の花のつぼみがぷっくりしてきている。

 


スーパーで買った桃の花。

 


ヒアシンスも花が咲いた。

 


チューリップかわいい。

 

家の中にも春がきて、気分も春っぽいからなんとなくうれしい。
長い北陸の冬を過ごす人にとっては、南国のように一年中あたたかいのにも憧れの気持ちはあるけれど、私はやっぱり四季があるとうれしいなと思う。

春はなんかルンルンするし、夏はエンジョイするし、秋はなんかおセンチな気持ちになるし、冬は自然の美しさがある。

でもこれはきっとあたりまえにあることではない。 地球温暖化が進めば、このあたりまえにある四季は3季になってしまうかもしれないし、2季になってしまうかもしれない。

そう思うと、雪が多かった今年の冬も愛おしく思うのであった。

 

ありがとう冬。

 

それでは、また4月に。 桜咲いてるかな〜。

 

 

 

 

◯自然と人の共生を考える【NATURAL LIFE】
→バックナンバーが読める記事一覧はこちら

 

 

 

執筆者プロフィール

加藤麻美(Rootive 代表)
森と生きるために木を利用し、地球に暮らす人に安心と癒しを提供する『Rootive(ルーティヴ)』代表。里山の保全活動や里山の資源を使ったイベント運営など、多彩な活動を展開。自然が大好きで、特に山をこよなく愛している。

HP:Rootive
ツイッター:@assaaa1980
インスタグラム:@asami_roorive
フェイスブック:@加藤麻美

 

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事