煩悩バンザイ!石川県がもっと
楽しくなるウェブマガジン「ボンノ」

1日9食限定!いしるを使った能登イカのオムライス

「オムライスの町」羽咋郡宝達志水町。

 

オムライス誕生秘話には諸説あるらしいが、王道のケチャップライスと鶏卵という組み合わせは宝達志水町出身の料理人、北橋茂男さんが大阪の洋食屋「北極星」で常連客のために考案した、と言われている。

宝達志水町は2011年から「北極星」の協力のもと「オムライスの郷プロジェクト」をスタートさせ、以来「オムライスの町」として知られている。

1日限定9食のレアオムライス。

 

この町に2016年にオープンした「オムライスカフェ和華」は、週4日のみの営業スタイルにも関わらず、能登の食材と自家栽培の野菜をたっぷりと使ったオムライスが味わえると、口コミでファンを増やす噂のカフェ。

 

のどかな街を車で走り住宅街を抜けると、そのカフェはあった。

 

畑に面して建てられたカフェ。

 

緑豊かな自然に囲まれた空間が心地良い。

 

車庫を改装して作られたカフェは、お客さんが10人ほど入るといっぱいになる小さくて可愛らしい店舗。元小学校の教員という肩書きを持つ店主、橋本敏子さんが還暦のときに始めた。

 

店主の橋本さん。オムライスカラーの帽子とエプロンがお似合い。小さくて良いからカフェを開きたいと60歳で夢を叶えた。

 

橋本さんは52歳のときに加賀友禅の着物に興味を持ち、和小物やクラフト小物を飾る素敵なカフェを作りたいと思うように。同じ頃、宝達志水町でオムライスの指導員を募集していることを知り「カフェを持つときの良い経験になるかも!」とプロジェクトに参加。

町のカフェスペースでオムライスを作り、研修で大阪「北極星」を訪れ「北極星」流のオムライス作りを見て学んだのち、念願だったカフェをオープン。

 

現在お店を一人で切り盛りしているため、3種類あるオムライスは1日9食の限定。一人でカバーできる範囲で、作りたてアツアツの美味しいオムライスを提供している。

バターライスの隠し味はイカのいしる。

 

和華のオムライスは

特製トマトソースオムライス(ケチャップライス)

カレーオムライス(ターメリックライス)

能登イカオムライス(バターライス)

の3種類で、どれもサラダと具だくさんのお味噌汁がついて1050円。

 

人気は、能登小木港特産の船凍イカを使った能登イカオムライス。獲れたてを船で急速凍結しているため、解凍すればそのまま刺身でも食べられるほど鮮度は抜群。

 

卵は能登産のナカヤマエッグを使い、野菜のほとんどは無農薬、減農薬で作っているという自家畑で育てた野菜を使うなど、卵、野菜、お米に至るまでほぼ全ての材料が地元食材。

 

卵は、飼料のハーブの中にマリーゴールドが使われている能登卵と、栄養に優れた桜っ子。ひと皿のオムライスにこの2種類を使う。

 

具材はイカのほか、たまねぎ、にんじん、しいたけ、コーンと色鮮やかな野菜を。異なる食感が楽しめる。

 

まずは具材のイカ、たまねぎ、にんじん、しいたけ、コーンをバターで炒めていく。

 

ご飯を加えたら、イカのいしるを少々。意外にもバターとの相性が良い。

 

卵は、外はパリッと焼き上げ、ご飯で包む内側は少し半熟が残るくらい。良い頃合いでご飯を戻し、手際よく卵で包み込む。

 

慣れた手つきでフライパンを動かし、卵を半熟に仕上げる。

 

卵でご飯を包みこめば…

 

これぞ昔ながら、包み系オムライスの完成。

その上に自家製のホワイトソースとバジルソースをかけて洋風に仕上げる。

 

香りたつバジルソース&いしるに食欲が刺激される。旬の野菜が華を添えている。

 

卵に包まれたしっとり美味しいバターライス。具がゴロンゴロン入っていて、噛みしめるほどに旨味が。

 

定休日には、オムライスとドリンクがついたクレイクラフトの教室、ワークショップを開催。町の人たちが気軽に集まれる場所作りをしている。

 

店を訪れる際は、事前連絡をしておくととってもスムーズ。

ちなみに、デザートも橋本さんの手作り。オムライスにコーヒー、食後のデザートまで頂いて大満足。また「オムライスの町」に来たい。

 

オムライスカフェ 和華

わっか

石川県羽咋郡宝達志水町杉野屋井129
TEL. 090-4684-6952
営業時間/11:30〜16:00

定休日/火曜、水曜、木曜日

席数/カウンター2席、テーブル8席
駐車場/9台
※こちらの情報は取材時のものです。

 

(取材・文/森内幸子、撮影/吉田章仁)

 

RECOMMEND ARTICLEおすすめの記事

WHAT’S NEW新着記事